読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5回JPNOPENベスト16 ラティアスルカリオ

こんにちは。クラヴリーです。JPNOPENでは毎度LiSAというハンネで出場しています。この度、僕の大好きなラティアスルカリオでベスト16となりました。多分しばらく使わないと思うので公開します。


f:id:darkrow:20160816051510j:plain


f:id:darkrow:20160816051612j:plain


ルカリオ@メガストーン

147-×-108-191-90-180(メガ後)

気合玉/ラスターカノン/悪巧み/真空波

ガルーラの補完メガとして入ってきたメガ枠。クレセドランなどへ強く出るための特殊型。相手のガルーラからするとこちらへはルカリオ以外初手対面出し勝ちとなるため、読んで初手投げもたまにしていた。


f:id:darkrow:20160816052308j:plain


ラティアス@ゴツゴツメット

187-×-111-130-150-178

サイコキネシス/電磁波/羽休め/癒しの願い

今回はこのポケモンが使いたくて構築を組んだ。ガルクレセはどうしてもゲンガーに隙を見せすぎてしまうため、ゲンガーに対し必ずしも一方的不利ではなく蘇生技を持つこのポケモンに目をつけた。ルカリオ、ガルーラ、ギルガルドとの補完が比較的いいので選出率はおそらくトップ。困ったら出していた。


f:id:darkrow:20160816052720j:plain


スイクン@カゴのみ

207-×-183-110-135-106

熱湯/凍える風/瞑想/眠る

ただのHB特化瞑想スイクン。メガバシャが無理なのでHB特化。HDアローにも負けないようにこご風採用。勝てなさそうな相手にもワンチャン作れること、ギルガルドに比較的強いこと、有利対面での熱湯が普通に強力なことが強かった。しかし、しっくりきていない枠でもある。


f:id:darkrow:20160816053100j:plain


マンムー@突撃チョッキ

185-198-100-×-108-107

氷柱張り/地震/氷の礫/地割れ

ウルガモスの大文字をほぼ2耐え、ウルガモス地震礫でほぼ落とせるという調整のチョッキマンムー。地面枠かつ受けループにも役割が持てる枠かつウルガモスを誤魔化せる枠として採用。マンダ軸やクチート軸にはよく出すが基本的にはあまり出さない。


f:id:darkrow:20160816053411j:plain


ガルーラ@メガストーン

191-192-133-×-121-131(メガ後)

秘密の力/炎のパンチ/猫騙し/不意打ち

今回の主役。タイマン性能の高い猫不意と、連打しているだけで強い秘密の力、技範囲補完として相性のいい炎のパンチ。遅い猫持ちに負けたくないので準速と最速以外には大概勝てるようにSに多く割いている。B方面は珠ゲッコウガのけたぐりを最高乱数切り耐え。技が通らないポケモンが相手にいない限り基本的に出す。


f:id:darkrow:20160816054015j:plain


ギルガルド@ラムのみ

163-110-171-×-172-85(シールド時)

アイアンヘッド/聖なる剣/剣の舞/影撃ち

ラティアスをゴツメで使ううえで鋼枠は必須、かつガルーラが初手ゲンガーと対面して引く場合気合玉も考慮しなければならないのでギルガルドが適任かと思い採用。アイへの理由はニンフやピクシーなどを強打出来ること、舞えばガブを一撃で仕留められることなど。相手の後出しを許しづらいポケモンなので非常に頼りになった。しかし鬼火ゲンガーに後出しする場合非常につらく、少し相手を削るくらいのことしか出来ないためなかなかつらかった。一応キノガッサへのある程度の対策枠も兼ねている。



基本選出はガルーラガルドラティアス。秘密も炎パンも通らないポケモンが相手にいる場合はルカリオを出してあとはその場で決める。致命的に重いポケモンブルンゲル。マッチングしたら地割れを積極的に狙う。あとはゲンガーとカバルドンがきつい。特にガルーラミラーでゲンガーに引かれるパターンが辛く、そのタイプ相手にはラティアスで同速をしかける展開が多かったため安定はまったくしない。カバルドンスイクンマンムーを出せれば少しマシだが、それでも相手の裏次第でとても重くなる。出されないことも多いのでJPNOPEN当日なめた選出をしたらカバに欠伸されてるだけでパーティーが半壊したのでそれはやってはならない。他はある程度なんとかなるかと思っている。気合玉は外しを恐れず撃ちましょう。外したら運負け。バトンやギミックパも気合で多少どうにかなる。負けたらマッチングした自分が悪いと責めていた。

オフでの全11戦、試運転のレートやフレ戦を戦ってくださった方、ありがとうございました。次はスクリーンに映ることを目標に頑張ります。それでは失礼します。