読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月杯 参加者一覧

【Aブロック】
クラヴリー
TNDarkUnicorn
フレコ0662 7629 2381

かんな
TNアクア
フレコ2423-7459-6765

このしろ
TNこのしろ
フレコ0319 0973 2416

フレコ1779 1671 7132

たさすぷ
TNたさすぷ
フレコ0533-8469-2553

クゥリ
TN yatsume
フレコ2724-3799-6171


【Bブロック】
SASUGA
TNなごなご
フレコ2939 0852 7349

ともちん
TNともちん
フレコ5112 4607 7004

湊未来
TNみらい
フレコ3024-6366-7965

そるず
TNそるず
フレコ:2037-1135-3053

しゅがりん
TNしゅがりん☀︎
4313-4656-8206

Bana
TN︰Bana
フレコ3196-6248-9403

上記の通りのブロックで予選を戦って頂きます。必ず予選開始前に同ブロックの人のフレコを登録しておいてください。


三日月杯 開催要項

参加申請者一覧記事です。随時更新します。http://darkrow.hatenablog.com/entry/2017/03/31/021739


【主催】

クラヴリー(@squall_yuriah)


【運営】

SASUGA(@SASUGA_1999)


【日時】

4/1 21:10〜


【基本ルール】

シングルフラット63。レーティングバトルシーズン3準拠。

パーティー変更は基本的に無し。ここで言うパーティー変更とは、ステータス、技、PP、持ち物、個体、技配置を指す。ただし、決勝トーナメント開始時に1度だけ変更可能とする。

対戦時間は25分までとする。25分を過ぎた場合は両者降参を押した後に話し合い、それでも決着が付かない場合BVを観た上で運営が判断する。この際、BVを撮っていないプレイヤーがいた場合無条件に負けとするので必ずBVのスロットに空きを作っておくこと。


【大会形式】

2ブロックに別れ、ブロック内で総当たり戦を行い、上位2名ずつの計4名で決勝トーナメントを行う。ブロックごとにTwitterのDMグループを作るので、それを利用して対戦を進めること。Aブロックには私が、Bブロックには運営のSASUGA(@SASUGA_1999)がいるので指示に従って進行すること。

ブロック内順位は勝ち数>直接対決>オポネントの順の優先度で決める。それでも決まらない場合はかんなとのFF歴の長さ、それも同じだという場合は私のツイキャスにてコイントスまたはダイスロールで決める。


【参加方法】

クラヴリー(@squall_yuriah)へのリプライまたはDMで申請。ハンドルネーム、フレコ、対戦に使用するROMのTNを表記の上で申請すること。

また、ブロック分けが確定し次第別途記事を作成しブロックごとの参加者をまとめておくのでその記事を見て同ブロックの参加者全員のフレコを事前に登録しておくこと。


【参加資格】

特になし


【上限人数】

14名


以上の要項にて大会を行います。しばらくポケモンから離れてしまうかんなちゃんだけでなく参加者皆さんが楽しめるような大会になることを目指し運営させて頂きます質問があれば私のTwitterまでリプライかDMください。


※追記

ツイキャス、ニコ生などでの配信は対戦相手の許可があったときのみ可とする。BVについては大会終了後であれば許可がなくとも視聴枠などを取っても良いものとする。

老害の語るモンハン上達法

こんにちは。今回はガチでやったと言えるのが2ndGまで、プレイ自体はXまでやってるという私がモンハンに何が必要かを考察します。


【武器】

まず、強いとされる武器を何かひとつ極めましょう。僕の頃は大剣、ハンマーあたりが無難でした。今なら刃薬があるし片手剣なんかが初心者には無難ではないでしょうか。太刀ハンマーは今はオススメしません。また、ガンナーは剣士に慣れてから練習すればいいと思います。理由は最初の方は弾を調合分まで全部用意したりするのがだるく、弓は序盤のやつはほんとに弱いことが多いから。


【防具】

強い人にきいて丸パクリしましょう。


【立ち回り】

攻撃技、モーション、技の特徴などをまず覚え、自分の中での立ち回りを確立しましょう。最初は回復薬をいくら使ってもいいのでとにかく経験。慣れてきたら回復を薬草縛りしたりホットドリンク飲めない縛りしたりなどの楽しみ方でも遊べます。この手の縛りはさすがに野良ではやらないように。上手くてもキレられます。俺ならキレる。

身内大会の参加者の結託

こんにちは。今日は主に身内大会に参加してる人並びに運営してる人向けの記事です。ポケモンの記事は当分書く予定ないですやらないので。


さて、本題に入ります。身内大会で参加者同士が話し合って対戦相手へのプランを考えるのがいかがなものかということ。

私は自由枠の選定に参加者の案を採用したのが3試合ありました。結果は勝ち勝ち負け。

自分でゼロから100まで考えたのが2試合。勝ち負け。

ちなみに後者の負けは実際そうなのであんまこう言うのダサいから言わないけど言います。運負けです。机上論では勝ててる構築が組めてたわけです。

なにが言いたいかといえば何人の頭があろうがあまり変わらないと言うことです。人にアドバイスを求めたって望む答えなんて滅多に返ってきません。ましてや参加者に相談なんてしてもみんな自分のことで精一杯。僕も人へアドバイスしたときは2秒で思いつくことしか言わないしそんなの穴あって弱いです。

普段の癖や人読み的なことが筒抜けになるのも、メタゲームとガチ対戦では対戦模様がまるっきり違うし人読みして負けたらダサいので僕はあまりせず、脳内で勝率100%だと思う構築しかもっていきません。まあ負けてるから100%なんてないんですけど。まだまだ僕も弱いです。

今回の弥生杯参加者全員が束になって僕のメタを張ってもそれを凌駕出来ないようじゃ弱いと思うので自分がやられても文句は多分ひとつも言わないですね。さすがに自分のプランリークとかされたら怒りますけども。

なのでそれを理由に負けたとかもし誰かが言い出したら、プランが弱いからそうなるんだよ甘えんなって言います。ポケモン弱いのが悪いんです。


しかし、まったく反省してないわけじゃないです。ルール違反をしてるわけじゃなくてもまあグレーなことだし、嫌って思うのもわからなくはないし感じ方も人それぞれってやつですからね。名前だしますけどディッシュがポケモン嫌になっちゃうくらい追い込まれた原因の何割かは僕にあるのは確かだし(無言でリムられるくらいには不快な思いさせてた)。僕がやられて嫌じゃなくても人によっては不快に感じてしまうようなことをやってしまったのは対戦どうこうじゃなくて人としてダメだなって思ってます。身内大会なんて結果よりも楽しむことのが大事ですからね。嫌がられることしちゃダメですから。

ちなみにこれから当たる人にパーティーの弱点とか考察のしかた教えていいの?って思う人いると思います。今日寿司食ってるときディッシュにも訊かれました。答えは、そんなのはパートナーズ見れば誰でもわかるしそもそも誰にも負けないつもりだから無問題って思ってました。


そろそろまとめます。

相談行為自体は全然悪いことだと思ってません。誰が事前考察段階で裏にいようが採用出来るポケモンはその人のパートナーズと自由枠だけですしプレイするのも1人。倒せます。

しかしそれをやっていいのかってことを考えようとしなかったことはくっそ反省してます。考えてたら多分やめてたんでね。自分がやられてもいいけどみんな嫌がるだろうなあって普通なりますからね。

そんなところです。この話はおわり。次からは全部1人で考えます。誰に参加者非参加者合わせて何人味方がいようが倒します。人に相談したら自分の力じゃないとか言い出す人が出てくる可能性がゼロじゃないし1%でも行為を嫌と言う人がいる可能性があることはやめるって心に決めました。だからといって別に僕に対してのことは何人で考えてもいいですよ。まあ非参加者への相談もセコいとか言う人はさすがにいないと思いますけどね。今回みたいに参加者に変な人がいないメンバーでやれれば。まあ一応ということで。個体も全部自分で作ります。難癖つけられたら面倒なので。もしどうしても厳選難易度が高くて間に合わないようであれば相手に他人産ポケモンの使用許可を貰ってから使おうと思います。これもそんなことにも難癖つける奴がいるって思ってるってよりかは万が一あるかもしれないからっていう予防みたいなものです。1%の低乱数での負けをケアするのと一緒。

しかし、話は変わりますがどうしても嫌なことがひとつあります。それは、放送中のプレイングの指摘です。

下手なプレイ見てられないって気持ちはすごくわかるんですが、これはオフで外野がアドバイスするのと一緒ですよね。オフても人と構築組むのは禁止なんてどこであろうともされてませんがプレイを外野から指摘したりしたらさすがに摘み出されますよね。そういうことなんでそれに関しては本当に気をつけた方がいいと思います。僕が大会主催でアドバイスとか放送中してる人がいたら即つまみ出します。されてる人もつまみ出します。僕主催の大会に出る人は覚えておいてください。


長くなってすみません。以上が僕が大会について思っていることです。それでは。

【S2使用構築】Iron crab atlantis land 【最高R2109最終R2019】

こんにちは。クラヴリーです。S2お疲れ様でした。今シーズンのレートで使い、関東シングルフェスタで2位だった構築を公開したいと思います。下記のトレーナーカードではバシャーモとなっているところが、フェスタのときはヒートロトムでした。以後常態。


f:id:darkrow:20170320235744j:plain


【構築経緯】

最強のメガ進化がメタグロスであるという話を友人としていて、まずグロスを主軸に決定。次に炎を半減で受けられ、グロスの苦手な耐久(カバ、クレセなど)に強いカプレヒレ、地面と電気の一貫を切れて、物理特殊双方に対し雑になんでもある程度耐えてそこから切り返しの出来るランドロスを入れ、基本選出が完成。

残りの枠はバトンやゴーリが嫌いなので呪いミミッキュ、カバ展開への回答兼ゲンガーやキノガッサに強く出られるラムゲッコウガ、ラストは受けループ(ドヒドイデがいないやつ)に強く、カグヤやナットを燃やせてガルーラを蹴り殺せる草Zバシャーモを入れ六体が決まった。個別解説に移る。


【個別解説】


f:id:darkrow:20170321000412j:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

意地っ張り

143-153-101-×-129-135

じゃれつく/かげうち/つるぎのまい/のろい

ルカリオバレットパンチをだいたい耐え、テテフのサイキネ確定耐え、最速ガッサ抜き、残りA。かげうちの抜き性能を評価し、呪い身代わり痛み分け型の採用は見送った。


f:id:darkrow:20170321001508j:plain

ランドロス@とつげきチョッキ

意地っ張り

195-188-112-×-124-114

じしん/がんせきふうじ/はたきおとす/とんぼがえり

ミミッキュの1段階UP夢幻暗夜を耐え、テテフのサイキネ2耐え、よくいるチョッキランドロスに抜かれる調整。はたきおとすはゴツメを叩けばメタグロスがワンチャン受けポケを突破出来たり、輝石を叩けばポリ2が倒せたりするため。あとはよくいる普通のチョッキランドロス


f:id:darkrow:20170321002606j:plain

メタグロス@メタグロスナイト

陽気

171-181-171-×-131-178

アイアンヘッド/しねんのずつき/れいとうパンチ/アームハンマー

最速にした理由はカミツルギを上からたたくため。耐久は意地マンダの1舞地震を確定耐え。どの技も切ることが出来ず泣く泣くバレットパンチを切ったが欲しい場面はまあまああったので技枠は要検討。というかこいつ技10個使わせろ。


f:id:darkrow:20170321003123j:plain

カプ・レヒレ@オボンのみ

ずぶとい

174-×-173-120-151-113

ムーンフォース/しおみず/ちょうはつ/しぜんのいかり

HPが2nで砂ダメ意識の16n-2。Cが無振りコケコを高乱数2発。Sは準速ガルド抜きで余りB。ギャラやバシャやマンダあたり、カバやカグヤやクレセ、ギルガルドなどを幅広く相手してくれるポケモン


f:id:darkrow:20170321004006j:plain

ゲッコウガ@ラムのみ

臆病

149-108-99-139-91-190

れいとうビーム/あくのはどう/かげうち/がんせきふうじ

無振りリザYを岩石で確定。Sは最速マンダ抜き。Hを149にするとメガゲンガーのヘドばくを耐えるのでそこまで振り、Bは陽気ガブの逆鱗を確定耐え。残りをCに振った。言うなればNew Generation信用可能ゲッコウガキノガッサの刺さりがエグく、カバが嫌いなので採用したがこのポケモン1匹で倒せるパーティーもそこそこあって、汎用性には欠くが補完としては優秀だった。


f:id:darkrow:20170321005302j:plain

バシャーモ@クサZ

うっかりや

155-146-90-177-81-128

かえんほうしゃ/とびひざげり/まもる/ソーラービーム

ゲッコウガ抜き、Aを対ガルーラの乱数がズレるまで振って残りC。受けループ対策のつもりだったが、ヤドランでなくドヒドイデが入っている場合無理になってしまうことがダメだった部分。普通のパーティーに対して選出する際も、特に最終日付近の2000以上の人はクサZを警戒する立ち回りをしてきてスカそうとするので非常に行動がシビアになってしまい安定しなかった。炎技は文字の方が当てれるなら優れている。理由はメガメタグロスが文字なら落とせるため。私は当てずに負けるのがあまりにも多くて放射にした。


【立ち回り、選出など】

基本はメタグロスランドロス、レヒレの3匹を選出。キノガッサを見たら初手ゲッコウガを出したり、重いポケモンがいたらミミッキュで無理矢理どうにかしたりというふうに基本で対応出来ない部分があったときのみ違うポケモンを差し替えてつっこむ感覚で選出した。立ち回りはメタグロスランドロス、レヒレの3匹のHPを適切に管理することと誰でZを被弾するかを考えていくことが要点であると感じた。


https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4EB3-AE20←このパーティーのQRコードです。グロスランドレヒレ使ってみたい方は是非どうぞ。


ここまで読んでくださってありがとうございました。S3も頑張りましょう。


最高レート到達時画像

f:id:darkrow:20170321011831j:plain


最終レート

f:id:darkrow:20170321165450j:plain


【弥生杯予選第2試合使用構築】Shadow Big Wave

こんにちは。記事書くのめんどくさくて前回書いてしまったことを後悔しているクラヴリーです。しかし1度始めたことを途中で投げ出すのは好きじゃないので書いていきます。今回の相手はディッシュでした。例によって画像類は用意が面倒だからないです。以後常態です。

【採用順、採用意図など】
相手のパートナーズがボーマンダ、カプ•コケコ、ドータクン、ガラガラ、モロバレル
まず、モロバレルの選出を切った。お前型寝かせるやつしかないのにメタゲームで出せる?って思ったため。次に、ドータクンも来ないと判断。理由は見えてるタクンじゃガルーラが止まらないため。タクンは非常用にトリルするための機械として採用するに留まると予想。ガラガラも大して刺さってないので来ないと適当に判断し、マンダコケコ自由枠の選出が濃厚と結論付けた。
自由枠としては素直に刺さっている格闘タイプのローブシンテラキオンあたりとコケコライチュウが組めるためAライチュウあたりを予想。他ならなんとかなると思ったので来たらまずいやつを考えた。特にテラキオンはマンダと相性がいいため来そうだと感じ、テラキオンには厚い自由枠を用意したくなった。素直に格闘で来ると判断した第二の理由は自由枠マンムーを対策すると踏んだため。結果としてローブシンだったため自由枠予想は当たっていた。
そこで今回は自由枠から考えた。そして結論がゴーストタイプになるポリゴンZとなった。ゴーストになれば武神のマッパは効かないし叩きは致命傷にはならないので積んで全抜きが狙えると考えたため。ゴーストが相手に凄まじく一貫しているので素直に刺さっている。テラキオンが来た場合、初手に襷石火追い風アローを用意して、岩石封じから入られても追い風+襷潰しをしてポリゴンZに繋げ、岩石封じ連打をされても高速移動でSを上げられるという完璧プランを取ることにした。ポリゴンZがなんらかの方法で止まった場合を考え、ラストにはガルーラ選出のプランが第1候補となった。タイマンで打ち合う性能が欲しかったので範囲を取って地震冷凍ビームシャドーボール不意打ちとした。耐久をコケコの電気Z10万を耐えるまで振り、タイマン性能を引き上げた。
残りはタイマン性能が高いチョッキドサイドン、コケコライチュウへの抑止力となるゴーストZダダリン、とりあえず強そうなスカーフゲッコウガとなりこのパートナーズとなった。

【個体列挙】
ガルーラ@ガルーラナイト
197-162-121-112-133-108
冷凍ビーム/シャドーボール/地震/不意打ち

出す気がなさすぎて調整し直してない
冷凍ビーム/ダストシュート/あくのはどう/水手裏剣

153-133-89-×-91-195
ブレイブバード/挑発/追い風/電光石火

207-210-150-×-93-60
ロックブラスト/地震/冷凍パンチ/メタルバースト

ダダリン@ゴーストZ
177-201-121-×-110-60

ポリゴンZ@ノーマルZ
169-×-90-205-95-134
シャドーボール/冷凍ビーム/テクスチャー/高速移動

今回は勝ったものの、やや立ち回りが甘かったため試合は反省しています。エッジかわしは多分あまり勝敗に響いていないので許してクレッフィ
次は◯◯リオとかいう技も当たらないしタイプ不一致だと火力すらうんちでメガ前→メガ後でガブの逆鱗が受からない癖に鋼タイプだとか主張してくるポケモンを軸としている参加者のマタンゴくんとの試合です。メガは弱くても2巡目以降のポケモンは普通に強いのでしっかり対策して予選抜けを決めたいと思います。それでは。

【弥生杯予選第1試合使用構築】Poison Recovery Out

こんにちは。工事の音がうるさくてアニメ観れる環境にないので弥生杯のvsバンビさんでの構築について書きます。やる気がないのと身内大会の記事なので面倒だから画像類は一切なしです。以後常態となります。


【採用意図、採用順などの考察】

相手のパートナーズはリザX、ラティオスジャローダアバゴーラドンファン

こちらはガルーラ、ゲッコウガドサイドンファイアローダダリン

まず、パーティー的にガルーラの通りがいいのと、ラティオスは上から殴らないと危険だと思ったので猫不意ガルーラで行くのを確定とし、ゴツメジャローダのケアとドンファン凍らせたらアドなので冷凍ビーム、ラストのウエポンだが、ガルーラに勝てるリザXにしたいはずだから鬼羽じゃね?って思ったので空元気とした。

次に採用を決めたのが自由枠のクレセリア。とりあえずなんでも止められるし猫不意と相性のいい毒を自然に吐ける。ジャローダがきたらアローに引けばいい。持ち物はドラゴンバーンラティオスを警戒してマゴのみとした。ガルーラを2回使えるクッションとして慣れ親しんだガルクレセの動きが取れるのは単純に強力。

そして行動保証のある抜きエースとして襷ゲッコウガ、ヒコウZアローを採用。アローがフレドラを撃つ必要がないパートナーズなので疾風の翼を再利用できつつ鬼羽リザに刺すことが出来ればアドなので毒羽とし、アロークレセで毒殺というプランも使えるように。

出す気があまりないドサイとダダリンは一応自由枠次第で出せるようにするためにドサイはジャローダのリフスト耐え調整を施したチョッキドサイに決定。

ダダリンはリザに大きく隙を見せるのでそこを逆に突くために交換読みが必要になるものの通れば最強だと感じたのでオッカ剣舞雪崩型となった。


【個体列挙】

ガルーラ@ガルーラナイト

181(4)-194(252)-120-112(252)-120-108 メガ後

猫騙し/不意打ち/空元気/冷凍ビーム


クレセリア@マゴのみ

227(252)-×-189(252)-95-151(4)-105

サイコキネシス/どくどく/月の光/三日月の舞


ファイアロー@ヒコウZ

165(92)-133(252)-92(4)-×-90(4)-182(156)

ブレイブバード/挑発/どくどく/羽休め


ゲッコウガ@きあいのタスキ

155(60)-103-88(4)-155(252)-92(4)-182(188)

冷凍ビーム/草結び/ハイドロポンプ/かげうち


ドサイドン@とつげきチョッキ

211(164)-192(116)-150-×-103(224)-61(4)

ロックブラスト/地震/冷凍パンチ/メタルバースト


ダダリン@オッカのみ

171(204)-201(252)-120-×-110-67(52)

剣の舞/岩雪崩/ゴーストダイブ/パワーウィップ


【対戦後の所感】

事前の想定通りのポケモンを相手が連れてきてくれたので、プラン通りに試合を進められた。自由枠がミトムだったのでアローとゲッコウガを出せずダダリンを出すハメになったが、リザードンにワンチャン勝てるダダリンだったので選出を躊躇うことなく出来たのは準備段階での自分のおかげだろう。

プレイバック動画を見返したが明確なプレミはなく、非常に満足の出来る試合だったといえる。次の試合もしっかりと想定出来るものを全て予想したうえで、なおかつ予想外の展開が来ても柔軟に戦えるようなパーティーを組みたい。


見てくださってありがとうございました。初回を書いてしまったので次回も終わったら雑にブログで書きます。失礼します。