読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身内大会の参加者の結託

こんにちは。今日は主に身内大会に参加してる人並びに運営してる人向けの記事です。ポケモンの記事は当分書く予定ないですやらないので。


さて、本題に入ります。身内大会で参加者同士が話し合って対戦相手へのプランを考えるのがいかがなものかということ。

私は自由枠の選定に参加者の案を採用したのが3試合ありました。結果は勝ち勝ち負け。

自分でゼロから100まで考えたのが2試合。勝ち負け。

ちなみに後者の負けは実際そうなのであんまこう言うのダサいから言わないけど言います。運負けです。机上論では勝ててる構築が組めてたわけです。

なにが言いたいかといえば何人の頭があろうがあまり変わらないと言うことです。人にアドバイスを求めたって望む答えなんて滅多に返ってきません。ましてや参加者に相談なんてしてもみんな自分のことで精一杯。僕も人へアドバイスしたときは2秒で思いつくことしか言わないしそんなの穴あって弱いです。

普段の癖や人読み的なことが筒抜けになるのも、メタゲームとガチ対戦では対戦模様がまるっきり違うし人読みして負けたらダサいので僕はあまりせず、脳内で勝率100%だと思う構築しかもっていきません。まあ負けてるから100%なんてないんですけど。まだまだ僕も弱いです。

今回の弥生杯参加者全員が束になって僕のメタを張ってもそれを凌駕出来ないようじゃ弱いと思うので自分がやられても文句は多分ひとつも言わないですね。さすがに自分のプランリークとかされたら怒りますけども。

なのでそれを理由に負けたとかもし誰かが言い出したら、プランが弱いからそうなるんだよ甘えんなって言います。ポケモン弱いのが悪いんです。


しかし、まったく反省してないわけじゃないです。ルール違反をしてるわけじゃなくてもまあグレーなことだし、嫌って思うのもわからなくはないし感じ方も人それぞれってやつですからね。名前だしますけどディッシュがポケモン嫌になっちゃうくらい追い込まれた原因の何割かは僕にあるのは確かだし(無言でリムられるくらいには不快な思いさせてた)。僕がやられて嫌じゃなくても人によっては不快に感じてしまうようなことをやってしまったのは対戦どうこうじゃなくて人としてダメだなって思ってます。身内大会なんて結果よりも楽しむことのが大事ですからね。嫌がられることしちゃダメですから。

ちなみにこれから当たる人にパーティーの弱点とか考察のしかた教えていいの?って思う人いると思います。今日寿司食ってるときディッシュにも訊かれました。答えは、そんなのはパートナーズ見れば誰でもわかるしそもそも誰にも負けないつもりだから無問題って思ってました。


そろそろまとめます。

相談行為自体は全然悪いことだと思ってません。誰が事前考察段階で裏にいようが採用出来るポケモンはその人のパートナーズと自由枠だけですしプレイするのも1人。倒せます。

しかしそれをやっていいのかってことを考えようとしなかったことはくっそ反省してます。考えてたら多分やめてたんでね。自分がやられてもいいけどみんな嫌がるだろうなあって普通なりますからね。

そんなところです。この話はおわり。次からは全部1人で考えます。誰に参加者非参加者合わせて何人味方がいようが倒します。人に相談したら自分の力じゃないとか言い出す人が出てくる可能性がゼロじゃないし1%でも行為を嫌と言う人がいる可能性があることはやめるって心に決めました。だからといって別に僕に対してのことは何人で考えてもいいですよ。まあ非参加者への相談もセコいとか言う人はさすがにいないと思いますけどね。今回みたいに参加者に変な人がいないメンバーでやれれば。まあ一応ということで。個体も全部自分で作ります。難癖つけられたら面倒なので。もしどうしても厳選難易度が高くて間に合わないようであれば相手に他人産ポケモンの使用許可を貰ってから使おうと思います。これもそんなことにも難癖つける奴がいるって思ってるってよりかは万が一あるかもしれないからっていう予防みたいなものです。1%の低乱数での負けをケアするのと一緒。

しかし、話は変わりますがどうしても嫌なことがひとつあります。それは、放送中のプレイングの指摘です。

下手なプレイ見てられないって気持ちはすごくわかるんですが、これはオフで外野がアドバイスするのと一緒ですよね。オフても人と構築組むのは禁止なんてどこであろうともされてませんがプレイを外野から指摘したりしたらさすがに摘み出されますよね。そういうことなんでそれに関しては本当に気をつけた方がいいと思います。僕が大会主催でアドバイスとか放送中してる人がいたら即つまみ出します。されてる人もつまみ出します。僕主催の大会に出る人は覚えておいてください。


長くなってすみません。以上が僕が大会について思っていることです。それでは。