読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【弥生杯予選第2試合使用構築】Shadow Big Wave

こんにちは。記事書くのめんどくさくて前回書いてしまったことを後悔しているクラヴリーです。しかし1度始めたことを途中で投げ出すのは好きじゃないので書いていきます。今回の相手はディッシュでした。例によって画像類は用意が面倒だからないです。以後常態です。

【採用順、採用意図など】
相手のパートナーズがボーマンダ、カプ•コケコ、ドータクン、ガラガラ、モロバレル
まず、モロバレルの選出を切った。お前型寝かせるやつしかないのにメタゲームで出せる?って思ったため。次に、ドータクンも来ないと判断。理由は見えてるタクンじゃガルーラが止まらないため。タクンは非常用にトリルするための機械として採用するに留まると予想。ガラガラも大して刺さってないので来ないと適当に判断し、マンダコケコ自由枠の選出が濃厚と結論付けた。
自由枠としては素直に刺さっている格闘タイプのローブシンテラキオンあたりとコケコライチュウが組めるためAライチュウあたりを予想。他ならなんとかなると思ったので来たらまずいやつを考えた。特にテラキオンはマンダと相性がいいため来そうだと感じ、テラキオンには厚い自由枠を用意したくなった。素直に格闘で来ると判断した第二の理由は自由枠マンムーを対策すると踏んだため。結果としてローブシンだったため自由枠予想は当たっていた。
そこで今回は自由枠から考えた。そして結論がゴーストタイプになるポリゴンZとなった。ゴーストになれば武神のマッパは効かないし叩きは致命傷にはならないので積んで全抜きが狙えると考えたため。ゴーストが相手に凄まじく一貫しているので素直に刺さっている。テラキオンが来た場合、初手に襷石火追い風アローを用意して、岩石封じから入られても追い風+襷潰しをしてポリゴンZに繋げ、岩石封じ連打をされても高速移動でSを上げられるという完璧プランを取ることにした。ポリゴンZがなんらかの方法で止まった場合を考え、ラストにはガルーラ選出のプランが第1候補となった。タイマンで打ち合う性能が欲しかったので範囲を取って地震冷凍ビームシャドーボール不意打ちとした。耐久をコケコの電気Z10万を耐えるまで振り、タイマン性能を引き上げた。
残りはタイマン性能が高いチョッキドサイドン、コケコライチュウへの抑止力となるゴーストZダダリン、とりあえず強そうなスカーフゲッコウガとなりこのパートナーズとなった。

【個体列挙】
ガルーラ@ガルーラナイト
197-162-121-112-133-108
冷凍ビーム/シャドーボール/地震/不意打ち

出す気がなさすぎて調整し直してない
冷凍ビーム/ダストシュート/あくのはどう/水手裏剣

153-133-89-×-91-195
ブレイブバード/挑発/追い風/電光石火

207-210-150-×-93-60
ロックブラスト/地震/冷凍パンチ/メタルバースト

ダダリン@ゴーストZ
177-201-121-×-110-60

ポリゴンZ@ノーマルZ
169-×-90-205-95-134
シャドーボール/冷凍ビーム/テクスチャー/高速移動

今回は勝ったものの、やや立ち回りが甘かったため試合は反省しています。エッジかわしは多分あまり勝敗に響いていないので許してクレッフィ
次は◯◯リオとかいう技も当たらないしタイプ不一致だと火力すらうんちでメガ前→メガ後でガブの逆鱗が受からない癖に鋼タイプだとか主張してくるポケモンを軸としている参加者のマタンゴくんとの試合です。メガは弱くても2巡目以降のポケモンは普通に強いのでしっかり対策して予選抜けを決めたいと思います。それでは。