読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S1 没構築(ハッサム軸)

こんばんは。電車で暇だったので弱すぎて解散した構築を書きます。レート等で同じようなのを使ってる人も見ることがあったのでこういう考えは失敗するよって記事です。


1.カプ・コケコ@スカーフ

臆病

CSぶっぱB4振り

10万/シャイン/とんぼ/ボルチェン


2.バルジーナ@ゴツメ

腕白

HBぶっぱS4振り

イカサマ/どくどく/とんぼ/羽


3.ハッサム@メガストーン

意地

H実数値175S実数値99余りA

バレット/泥棒/剣舞/羽


4.ガブリアス@ドラゴンZ

陽気

ASぶっぱB4振り

逆鱗/地震/剣舞/炎牙


5.アシレーヌ@アシレーヌZ

控えめ

H実数値171D実数値154余りC

泡沫のアリア/ムンフォ/アンコ/アクジェ


6.シャンデラ@風船

控えめ

H実数値143B実数値113S実数値125余りC

シャドボ/放射/鬼火/クリスモ


ではなぜ弱かったのでしょうか。逆に強い部分は少しでもあったのでしょうか。


まず、シャンデラバルジーナといった、決して強くはないポケモンを採用しているため1ミスで負けます。それだけでなく、炎技と地面技を透かすためのシャンデラ、物理を受けるためのバルジーナなのでこの2匹が絡む択ゲーはどうしても相手にマウントを取られた状態での択になりやすいので負けやすいです。


次に挙げるとすればカプ・テテフというポケモン。こいつが本当に重すぎましたね。僕が解散したかなり大きな理由で、レートが上がるにつれて眼鏡やエスパーZを持ったテテフやめざ炎テテフが増え、どうしようもなくなりました。ガルガブテテフミミッキュ@2のような対面構築に対し、バルジーナを投げたいけど投げられないというのがとても多く、ガブリアスの炎牙搭載率はかなり高いのでかなりかき回されます。そしてハッサムでどうにか状況を誤魔化そうにもフィールドでバレットを封じられ産廃に。欠陥です。


それとDLポリ2、特に放電を持っているポリ2がめっちゃ重いです。カプコケコを潤滑油として、ストッパーとして頼る構築なのでエレキフィールドがどうしても貼られてしまいハッサムがポリ2を相手出来なくなります。10万なら羽で粘りながらどうこうというのも出来なくはないけれど放電だと麻痺っていずれ痺れて負けます。また、HBポリ2が少し削らないとガブの舞バーンで飛ばないので少し削る役割をコケコが担うことが多くその結果相手のポリ2を強化してしまいがち。立ち回りでなんとかならなくもないけれど窮屈すぎて僕のようなレベルの低いプレイヤーではどっかでミスって負けることが多かったです。


Z技による奇襲に弱いのも環境についていけてない理由のひとつで、例えばアシレーヌはコケコの10万は最高乱数以外耐えます。サイクルを多少回してよし、珠でも眼鏡でもないと安心して突っ張ったところでスパーキングギガボルトが飛んでくる、あるいはガブをバルジーナで受けようとするも交換の時に舞われてドラゴンバーンを食らって壊滅する。このような事態が気をつけていても起こってしまいます。正確に言えば立ち回り上Zを切らなければならない場合が出てきてしまいます。弱いですね。


他にも何点かありますがまとめると単体性能が高くない補完ポケモンは足を引っ張りがちなのではないかという気がしてしまいました。不完全な構築を組んでしまった失敗から学んだことです。


逆に強かったのはドラゴンZガブ。これは本当に強いポケモンで特にマンダ軸やサイクルを回すパーティーに対してかなり刺さって気持ちよかったです。構築単位で初手にジバコを呼びがちなので初手ガブを投げいきなりドラゴンバーンで1匹倒すような事態は頻発し、逆鱗固定されず高火力を命中安定で出せるのには襷やスカーフに勝るくらいの魅力を感じさせてくれました。


このパーティーではレートはサブROMで勝率7割くらいで1910に到達しましたがメインROMで1850から1700まで溶かし、最近行われたオフでも4-4で予選落ちということで捨てることにした次第です。


思ったよりも長くなってしまいましたが読んでくれてありがとうございます。S1も残り少なくなってきましたので頑張っていきましょう。